代謝とリバウンドの関係

公開日:  最終更新日:2019/05/24

ダイエットをしていると避けたいのがリバウンドですよね。せっかく数カ月かけて痩せたのに気づいたら元に戻っていたばかりかダイエット前よりも太っていたとなれば泣くに泣けないですよね。

もしかしてそれって基礎代謝が低いのかもしれません。ダイエットをしていると同じメニューでやっていても人によって痩せやすさが違う時がありませんか?その要因の一つに代謝の違いがあります。代謝が違うと当然痩せやすさにも違いが出てきてしまいます。

代謝は人によって違う

基礎代謝や新陳代謝は年齢や性別、生活環境などによって変わってきます。基本的には女性よりも男性の方が基礎代謝は高いです。つまり、男性の方がたくさん食べても太りにくいと言えます。どうして代謝の差が出来てしまうのでしょうか?

実はこれ筋肉量の差が主な原因とされているのです。また、加齢と共に代謝は衰えてきますが、実はこれも同じ原因だといわれています。つまり、年を重ねるとともに筋肉が減ってきて代謝も落ちてしまうそうです。つまり、筋力トレーニングなどにより筋肉を鍛えることによって何歳になっても代謝を上げる事は出来るのです。

代謝が上がるとリバウンドをしない?

ダイエット中に代謝を上げるとどんな良いことがあるのかというと、リバウンドのリスクを少なくすることができる点が最大のメリットです。激しいトレーニングによって痩せることができても気がついたら元の体重よりも太っていたら悲しいですよね。

人間の体は摂取カロリーが少なくなると、体内のホメオスタシス機能が働き飢餓にならないかと、生命維持の危険を感じて体のエネルギー消費量を減らし代謝を下げてしまいます。ダイエット途中やダイエット後にこの状態に陥り代謝量が減っているのに依然と同じ量の食事を摂ってしまうと太ってしまうのです。

ダイエット後の食事はすぐに増やさずに徐々に増やしていくのが基本です。また、エネルギー消費量が多い筋肉をつけることによりリバウンドの危険性を少なくするのが有効です。

どんな運動をすればいいの?

リバウンドをしないダイエットのための運動と聞くとジョギングやウォーキングと考える人も多いと思います。もちろんこれらの有酸素運動は脂肪の内の肥満の原因である内臓脂肪を燃焼しやすいので体脂肪の減少やダイエットに有効ですが、リバウンド防止のため筋肉量を増やしたい場合は無酸素運動も同時に行うのが良いでしょう。

無酸素運動は筋力トレーニングや短距離走などの激しいトレーニングです。負荷の高いトレーニングなので避けがちですがリバウンドしない体づくりには有効です。

スポーツジムなどに通えば、インストラクターなどもいるので自分の今の体型に合わせたメニューなどを一緒に考えてくれると思うのでお勧めですね。また、1週間の内この日はスポーツジムに行く日と決めておくと無理なく通う習慣が身につくと思います。

サプリメントで代謝を補助

最近では代謝を上げるサプリメントもたくさん販売されているので、忙しい人やなかなか運動ができない人にお勧めです。ただし代謝を上げるサプリの中には効果が一時的なものもあるので、長期的に見れば筋肉をつけていくことを目標にしていくのが良いと思います。

食事や運動の補助として代謝を上げるサプリを活用してみてください。下記のサイトが代謝を上げるサプリについて詳しく書いてあり分かりやすいので紹介して位と思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑